2018年馬主ランキング第71~80位

第71位増田陽一

スプリント路線に注意!

短距離馬を多く所有。牡馬はボールド、牝馬はラブの冠名をつけることが多い。所有馬の生産は新冠橋本牧場、松田牧場、武田修一、奥山博が1割ずつ。
勝負服→桃、赤袖、白一文字
最近の活躍馬→ラブカンプー、キングハート、ラブローレル、ボールドジャパン

第72位西森鶴

交流重賞に強い

高知の建設会社・株式会社西森建設の元代表。ダートで活躍馬が目立つ。近年は元気がない。所有馬の生産は隆栄牧場が1割5分、梅田牧場と杵臼斉藤牧場が1割ずつ。
勝負服→海老、袖白一本輪、白鋸歯型
最近の活躍馬→ニシケンモノノフ、ホワイトフーガ、パイメイメイ、ヤークトボマー

第73位北所直人

鍛えて馬を強くする

北海道新冠の育成牧場キタジョファームの代表。「ペイシャ」の冠名を使用。所有馬の生産は友田牧場、隆栄牧場、見上牧場、梅田牧場、杵臼斉藤牧場、高村伸一など、ご近所である日高の個人牧場が多い。
勝負服→桃、水色一本輪、赤袖
最近の活躍馬→ペイシャフェリシタ、ペイシャルアス、ペイシャエヴァー、ペイシャネガノ

第74位大澤繁昌

中京での大掛けを警戒!

コネクタやワイヤーハーネスなどを手掛ける大沢電機株式会社の代表取締役。かつてラインクラフトで高松宮記念に参戦するなど、名古屋愛が強い馬主。「ライン」の冠名を使用。所有馬の生産日高太陽牧場が2割、社台ファーム、藤原牧場、小泉牧場、ノーザンファームが0割5分ずつ。
勝負服→桃、緑星散、袖緑二本輪
最近の活躍馬→ラインスピリット、ラインシュナイダー、ラインカリーナ、ラインマッシモ

第75位久米田正明

いきなりダービーオーナー

山梨県の運送業・ロジフレックス株式会社の創業者で代表取締役社長。冠名は「ロジ」。馬主資格を取得してすぐに所有した馬の中からロジユニヴァースが日本ダービーを制した。所有馬の生産はノーザンファームが3割、社台ファームとオリエント牧場が1割、追分ファームが0割5分。
勝負服→黄、青菱山形、青袖黄二本輪
最近の活躍馬→ロジクライ、ロイペルレスト、ロジティナ、ロジシルキー

第76位杉澤光雄

三文字に込めた願い

函館で運輸・土木・警備・整備・漁業など手広く事業を展開し、地域と共に発展を目指している株式会社ケーエス ホールディングスの代表取締役会長。馬名が3文字のことが多い。所有馬の生産は前谷武志が2割、小泉牧場と川島牧場が1割5hン、村上ファームと坂牧場が1割。
勝負服→白、黒縦縞、水色袖白一本輪
最近の活躍馬→ガンコ、バイラ、ギルマ、ハゼル、ゼセル

第77位田畑利彦

ライオンのようなタフな馬を所有

自動車事業をはじめ、料飲・ホテル・ブライダル事業などを展開しているGLIONグループの創業者で代表。愛馬会法人サラブレッドクラブライオンの代表も務める。所有馬の生産は浦河日成牧場が3割、片岡博が1割、Shall Farmとモトスファームが0割5分。
勝負服→青、桃ダイヤモンド、白袖桃二本輪
最近の活躍馬→グランドボヌール、グランドロワ、アイウェイアムール、ナイスドゥ

第78位石瀬浩三

京都で要注意

京都のご当地馬主。所有馬の生産はオリエント牧場、ムラカミファーム、いとう牧場、樋渡信義が0割5分など日高の個人牧場が多い。
勝負服→青、袖黄一本輪
最近の活躍馬→プロトコル、エニグマ、プレシャスブルー、ハングリーベン

第79位馬場幸夫

眼科だけに相場眼もあり

広島県で馬場眼科を経営。勝ち上がり率が高く、ベストウォリアやモーニン、アジアエクスプレスなどダートの一流馬を所有した。牡馬は「ベスト」、牝馬は「ハッピー」の冠名を使うことがある。所有馬の生産はノーザンファームが6割、そのほか国内と海外の多くの牧場から1頭ずつ。
勝負服→桃、袖白一本輪、白鋸歯型
最近の活躍馬→モーニン、ベストマッチョ、アンブロークン、ライバーバード

第80位青芝商事

青にちなんだ勝負服と馬名が多し

ビルの維持・修繕工事などを手掛ける建装工業株式会社で代表を務めるの髙橋修身オーナーの会社。所有馬の生産はノーザンファームと社台ファームが3割。社台コーポレーション白老ファームと前谷武志が1割。
勝負服→水色、青縦縞、袖青二本輪
最近の活躍馬→ステイインシアトル、マウントゴールド、ネイビーブル、オータムレッド、ミモザイエロー

  • 次のページ>>第81位以降は近日公開予定!
Copyright(c) 公営競技徹底紹介ガイド All Rights Reserved.